文字サイズ: | | オリジナル
5月
次の月のブログアーカイブページへ

上方落語を広める為に東京に殴り込みをかけた桂春蝶と、古典も新作もいける江戸落語のホープ鈴々舎馬るこの東西対決!そして志の輔落語会のゲストでもお馴染み、現代風民謡歌姫遠峰あこも参戦、これをめおと楽団ジキジキがどう料理するのか!?落語は各師二席ずつたっぷりと。大喜利コーナーも必見!


めおと楽団ジキジキ/プロフィール 
元「ダディ竹千代と東京おとぼけCats」のギタリスト キヨシと、音楽大学声楽科出身のカオルコが1998年に結成。当初はバンドとしての活動が中心だったが、徐々に演芸関係の仕事が増え、現在では名古屋「大須演芸場」、大阪「天満天神繁昌亭」、浅草「東洋館」などへの出演や、落語家との共演が多い。
「笑点」「HEY!HEY!HEY!」「笑っていいとも!増刊号」などテレビ出演も多数。


三代目・桂春蝶(かつら しゅんちょう)/プロフィール
昭和50年1月14日生まれ。大阪府出身、父親は二代目・桂春蝶。上方落語協会所属。大阪成蹊短期大学・客員教授。
平成6年・桂春団治に入門。平成21年・三代目桂春蝶を襲名/松竹座・南座・新宿末廣亭を皮切りに全国20ヶ所にて襲名披露公演を行った。平成24年・「お江戸で上方落語」を掲げて上京。ほぼ仕事がないくせに自由が丘に住むという無計画さ。周りから「やっぱりアホボンやね」と言われている。目下、大阪〜東京を行き来しまくり、人生の全てをJRに捧げている生活。
受賞歴
なにわ芸術祭・奨励賞。なにわ芸術祭・審査員特別賞。繁昌亭大賞・爆笑賞
テレビ・ラジオのレギュラーは過去20本以上。現在も数本あるが、大阪の局なんで、書くのは省略する…笑


鈴々舎馬るこ(れいれいしゃ まるこ)/プロフィール
1980年生まれ山口県防府市出身。2003年鈴々舎馬風に入門。2006年二つ目昇進。
2010年さがみはら若手落語家選手権優勝。2011年NHK新人演芸大賞決勝進出。2012年NHK新人演芸大賞優勝(確実)。
古典落語、新作落語、改作落語問わず「とにかく爆笑させる」ということに執念を燃やす熱い若手落語家。
広瀬和生氏の週刊ポスト連載で「ぼくが今一番注目している落語協会の二つ目」と書かれ、快楽亭ブラック師には「同志」と呼ばれキャリアを越えて二人会を開催するなど、今見ておきたい落語家の一人である。


遠峰あこ(とおみね あこ)/プロフィール
唄うアコーディオン弾き。日本民謡、自作民謡、へんてこソング、大道芸、祭、ライブハウス、落語会の色物、居酒屋流しまで、様々なライブを開催中。
「百年後まで唄い継がれる唄を」の願いを込めて♪2006年フルアルバム「夢見る機械の娘」発売。2009年ミニアルバム「横濱ほーらい節」発売。2009年寿町応援CD「寿町応援唄2009」発売。

ワールドスポーツジムのトレーナーで、エディタウンゼント賞を受賞、CSのボクシング解説も務める藤原俊志と、総合スポーツ雑誌「論スポ」による、ボクシングを語り尽くそうというトークイベントの第2弾。
ボクシングというスポーツの技術、メンタルも含めて奥深さを知ってもらいたいという意図をもった、リング無き言葉のボクシングイベント。毎回、シークレットゲストをお招きし本音トークを行います。


原マスミ/プロフィール
ミュージシャン、イラストレーター。1976年よりライブ活動を始め、1982年に「ズッとじっと」でレコードデビュー。ミュージシャンとして活動するとともに、イラストレーターとして、雑誌のイラストレーション、本の装画も手掛ける。2007年には、目黒区美術館にて「原マスミ大全集!」を開催。CDに「夜の幸」「シングルズ&コレクションズ」(MMRecord)、近作絵本に、「幸福の王子」(ブロンズ新社)、「南の島で」(偕成社)などがある。


近藤達郎/プロフィール
「チャクラ」、「ウニタ・ミニマ」、「三橋美香子と総本山」等数々のバンドでキーボードなどを担当、また小川美潮、Phew、原マスミ、大友良英など多くのアーティストとも活動を共にする。現在は「ラブジョイ」、「先カンブリアクラリネット四重奏団」に参加。劇音楽では、故 如月小春の「NOISE」や、渡辺えり(えり子)の近年の作品の多くを手がけ、映画音楽に『かもめ食堂』、『クヒオ大佐』等。CMのための作編曲も多数。

もちろん「映像」とは、オーディオとビジュアルが分ちがたく結びついたメディアだ。

だが待て。果たしてその二つは本当に分離できないか? 視覚と聴覚をバラバラに解体することで、映像が最初に持っていた意味を脱臼させ、新たな文脈にトランスフォームはできないか?

たとえば古い建物を大胆に改築して別の用途に用いる建築のリノベーションや、意訳や超訳によって古典を現代の視点で読み換える文学の試みのように、既成の映像からサウンドトラックを削除して全く別の新たなサウンドを同期させてみよう。
これは視覚と聴覚の<コンバージョン>
=改造実験である!

当夜は、いずれもコンポーザー=パフォーマーとして活躍し、映像と音のコラボレーションを数多く経験してきた三人の音楽家が、それぞれのアプローチで一夜限りのパフォーマンスに挑む。
果たして、いかなる<改造映像空間>が立ち上がるか…
ぜひお立ち会いあれ!

ヲノサトル www.swono.com

現代音楽の作曲からエレクトロ・ポップの制作まで、幅広い作風で知られる音楽家。芸術ユニット『明和電機』にオルガン奏者「経理のヲノさん」として関わり続け、ムード音楽バンド『ブラックベルベッツ』にも参加。
2011年から「MOODCORE」レーベルを立ち上げ、ototoy.jpからオンライン配信を開始。
同時に電子実験音楽に特化した「fill」レーベルも始動、2012年1月にCD『舞踏組曲』を発表。
これまで多くのCMや映像作品に音楽を提供し続け、また現在は多摩美術大学で映像論の講義を担当するなど、映像と音の関係を考察し続けている。

鈴木治行

東京都出身。
1990年,作曲家グループTempus Novum結成。
1995年、『二重の鍵』が第16回入野賞受賞。1997年、衛星ラジオ「Music Bird」にて鈴木治行特集放送、2005年、ガウデアムス音楽週間、2006年、イタリアのサンタマリア・ヌオヴァ音楽祭に招待参加など、作品は国内外で演奏、放送されている。
他ジャンルとのコラボレーションにも積極的で、これまでにも演劇、美術、映像などとの共同作業を行ってきた。
ソロCDとしては『システマティック・メタル』『語りもの』『電子音楽作品集1』『比率』などがある。
近年は電子音楽の自作自演も開始。

一ノ瀬響 www.kyo-ichinose.net

1972年、東京生まれ。
東京芸術大学音楽学部作曲科卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。
2002年、独自の豊穣なエレクトロニクスミュージックにより、半野喜弘がA&Rを務めるCurrentレーベルより初のソロアルバム「よろこびの機械」をリリースする。
以降、「Lontano」、「Protoplasm」、「Earthrise 2064」と合計4枚のソロアルバムを制作、UKの音楽雑誌”WIRE”の特集にて年間ベストアルバムの1枚に選ばれるなど、ヨーロッパをはじめとする海外から高い評価を受ける。
ソロ活動以外でも数々の先鋭的なCM音楽の作曲やアーティストとのコラボレーション、インスタレーションのサウンドプログラミングまで、常に音と音楽の境界を探るジャンル横断的活動を展開している。

ミス・キャバレッタ(MISS CABARETTA/from Japan)
バーレスクダンサー。
ダイナミックなマシュマロホイップパイボディー!
ワイルドなアフリカンスタイルから クラシックな60’sスタイルと変幻自在のバーレスクショーで観客を魅了!
多ジャンルにガレージロックからマンボ、スイング、ハウスミュージックまで、様々なバンドやDJアーティストの踊り子もつとめる。
有名ブランド(VERSACE,ビーフィーター24、SHU UEMURA等)のパーティー出演。
2008年5月には、バーレスクダンサー史上初の日本武道館のステージに立った。
その活躍の場は台湾やスペイン等、国内外にも渡り、PV、CM、コンサート、ラウンジ・クラブでのショーなど絶賛活躍中!
http://yaplog.jp/cabaretta/

絹靴下のPiPPi
長年培ってきたクラシックバレエをベースにポールダンス、バーレスクダンスと国内はもちろんアジア諸国のショーでグローバルに活躍中。
数々のハイブランドのパーティーや有名アーティストのPV、映画、ダンス舞台などにも出演する傍らポールダンス、ポージング、ウォーキング指導も行う。
今回の『光の新世界』では圧倒的なその美しさを映像とのコラボレーションでバーレスクショーで魅了します!

ACCO
カルト・モデルとして様々なショーに出演。
写真文筆家・藤原新也氏の写真集に抜擢される等、活動軌跡を持つ。
「SUMMER SONIC」(05、06年)出演を契機にダンサーデビュー。
デカタンスな美意識に裏着けされたいでだちと立ち振舞い、まさに女性を感じる、恵まれた完璧なプロポーションからポール、ベリー、ラテンを操る。
今回、この『光の新世界』にて華々しくバーレスクダンサーデビュー!

ジャグリングアーティスト チュゲ
コミカルなスタイルで観客の笑いを誘い大道芸を繰り出す事で人気上昇中!!
近年においてはさらなるパフォーマンス向 上の為に小道具をスパイスとして全国を興行中
オファーがあればお茶の間から地球の果てまでひとっとび!!
主なジャグリングとしてクリスタルボールに命を与えたかのようなチュゲ独特のコンタクトジャグリングをベースに、帽子を使ったハットジャグリングに5ボールを展開。

不思議でスタイリッシュなチュゲワールドには思わず歓声が飛び出す。
今回は民族楽器ディジュリドゥの演奏者の『イチロウ』とのユニット『チュゲイチロウ』でショーを披露!
ジャグリングショップ 遊び場GREEN チュゲ(原 武) http://welovegreen.ocnk.net/

パラダイス山元
1962年 札幌市生まれ
マンボミュージシャン、ラテンパーカッショニスト、作詞・作曲家、DJ、マン盆栽家元、カーデザイナー、入浴剤ソムリエ、餃子王、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロースと、活動は多彩、かつ混迷 を極めている。マンボの王様ペレス・プラードより生前に伝授された 「アーーーッ、うっ!」の掛け声でもお馴染み。

☆ヴィヴィアン佐藤
東京の生きる都市伝説。あらゆるジャンルを横断し、その言説は支離滅裂。
趣味タランチュラのブリーディング。
歳の差合コン『DURAS♯』主催。江戸ソバリエ取得。
http://profile.ameba.jp/yukai-viviennesato/

Tomoya Kishimoto
イベント、舞台、インスタレーション作品において、プロジェクターを用いた空間演出を中心に、
システム構築、機材設営、映像送出まで多岐に渡り活動している。
http://picasaweb.google.co.jp/tmskymt/

Shota Nakajima
会場の音、光、全てにリアルタイムに反応する「インタラクティブVJ」として
新しい映像体験を数々のイベントで発信。そのノウハウを、今回初めて舞台に落とし込む。

オーガニック歌姫、千尋がオーガナイズする、スペシャル3マンライブ!


千尋/プロフィール
―どこか懐かしく、ゆえに新しい―
その印象は柔らかで素朴なオーガニック・コットン。
優しいだけではなく、時に逞しさや、繊細な表情を、その歌声 に含ませる。
アコースティックを中心としながらも、Jazz、Reggae、Soulなど、ジャンルにとらわれない多彩な表現と、女性的でナチュラ ルな視点の歌詞は、性別、年齢を越え多くの人に支持されている。
CDリリース前から、野外イベントへの出演、スノーボードDVDへの楽曲提供などが噂を呼び、ライブ活 動の範囲は全国規模に。
2009年、ファーストアルバム「うたうため」をリリース。(Life Music Lab./Happiness Records)
2012年 3月3日 待望のセカンドアルバム「この街から」をリリース。(Happiness records)
彼女の歌を耳にし、心温める人々は、今まで以上の速度で増え続けていくのだろう。
OFFICIAL WEB SITE/http://www.utautame.com
【セカンドアルバム】
2012年3月3日 リリース

「この街から」
全9曲   2100円(税込)
(HRCD-044)

Volgrooma/プロフィール
Volgrooma笛は吹きますから、エブリバディ、どうぞ踊ってください。
 

青谷明日香(あおやあすか)/プロフィール
キーボードかついで街から街へ。旅する吟遊詩人、青谷明日香。
哀愁あふれる田舎の風景から、都会の殺し屋の女まで、様々な主人公の物語を歌い紡ぐ。
笑いあり涙あり、じわじわと感情ゆさぶるステージで、じわじわと信望者を増やし続ける。
2006年弾き語りとしての活動をスタート。
2010年1stミニアルバム「さようならくじらぐも」リリース。
2011年1stフルアルバム「夜はミカタ」リリース。
2011年7月フジロックフェスティバル出演。

「新世界」一押しの今、大注目のシンガー2人のカップリングライブが決定!
ジェネレーションを超越した普遍的ロックマインドで観るもの全てを虜にするArisa Safu。
ビリリアントな未来を力強く生命力溢れる歌唱で歌い上げる大久保理。
今後の音楽シーンを予見させる2人がそろい踏みの珠玉の一夜!
未見の方は百聞は一見にしかず!この機会に是非!


Arisa Safu/プロフィール
Arisaは日本と韓国のハーフ。
ボラボラ島の海の底からナイル川の源流、スイスアルプスからアリゾナの砂漠までを旅する小っちゃな地球人。5カ国語をこなす。
カナダ留学中に音楽に目覚めバンドに参加そのバンドが国際バンド合戦にカナダ代表としてロンドン決勝へ。その後アフリカの旅を経て帰国後2009年に自身のバンドArisa Safu and the Roversを結成。その年GBOB大会日本決勝でベストアーティスト賞&ベストボーカル賞をダブル受賞。翌年、FUJI ROCK FESTIVAL 2010 GYPSY AVALONステージに立つ。2011年はKDDI新技術自由視点映像でCEATECデビュー!2011年後半からはソロ活動を勢力的に行っている。
1960〜70年代ウェストコースのにおいがする音、エネルギー溢れるライブは必見!
http://www.arisasafu.com


大久保理/プロフィール
1978年生まれ。山羊座、A型。鎌倉在市住。
「simon&garfunkel」に憧れ、中学3年生の時「ふれあい」を結成。2000年のメジャーデビューを経て、2003年まで約10年間「ふれあい」として活動。
2004年、新たな決意を持ってソロ活動をスタート。ソロ大久保理としての1st.ミニアルバム「僕の手の中に」を2005年5月16日にリリース。イベント、ライブハウス、バーなどで精力的にライブ活動を行い、2008年3月6日アルバム「灯す日々」をリリース。


フェムエフェム/プロフィール
キャバレー・ジャズを標榜する9人編成のバンド – フェムエフェム。ピアノ、管、ギター、ウッドベースにドラムスとモダン・ジャズのスタイルを踏襲した臨場感溢れる演奏に、女性の色香と小悪魔的な企みを漂わせた独特な歌詞の内容、存在感を発揮する妖艶なヴォーカリゼーション。いにしえのフレンチ・キャバレー、戦前のボール・ルーム、ナイト・クラブのレビュー、レトロスペクティヴな場所が最も似合いそうな”現代の”バンド。2012.1.28にニューアルバムをリリース!
http://www.femme–est–femme.com/


紫ベビードール/プロフィール
カラフルな女の子「ベビー」と、ビキニパンツ姿の男の子「チェリーズ」が織りなす、パワフルでハッピーなエンターテインメント!キュートで格好よくてセクシー、けれども笑える独特の世界観と、様々なジャンルをかけあわせたバーレスクダンスパフォーマンスで、国内外を問わずボーダーレスに活躍中。
合言葉は、「We have the power to make you HAPPY !!!」
http://www.murasakibabydoll.com/


Safi/プロフィール
「ムッチリ・ムハムハ」「おっぱい観音」のキャッチコピーを持つダイナマイト・ボディで悩殺しまくる魅惑的な踊り子 “Safi”…ベリーダンサー、また講師としても大活躍する一方、2007年にはバーレスクダンサーとしてデビュー☆数々のレギュラーイベントを中心に活躍し、中でも、様々なミュージシャンとのライヴセッションでのショーは評価が高い。
http://ameblo.jp/bellydancer/


Coppelia Circus/プロフィール
それはまるで移動サーカスのように。月夜の闇にもお日様の光にも溶け込む変幻自在のミスエンターテイナー。クラシックをこよなく愛し、2006年よりソロ活動を始める。日本に留まらず海外でも繰り広げられるそのバーレスクショウは、観るものを魅了し続けている。 ——When the Circus curtain rises, the show time begins!
http://ameblo.jp/coppelianne/

世田谷系アフロ・ブラジル・ビート?否、ブラジル系アフロ・セタガヤ・ビート!
ブラジル北東部のパレード音楽”マラカトゥ・ナサォン”を多摩川べりで独自に追求する、
草野球大太鼓集団BAQUEBAと下町ダンス歌謡楽団・キウイとパパイヤ、マンゴーズのガチンコ2マン!!
爆音&重音の渦に飲まれにいらっしゃい!!

BAQUEBA

キウイとパパイヤ、マンゴーズ

神田すず
平成18年8月 神田すみれに入門、講談協会前座見習
    同11月 講談協会前座
平成22年9月 二ツ目昇進

神田山緑
東京都日本橋人形町生まれ
平成17年12月 神田すみれに入門
平成18年5月 正式前座
平成21年9月 二ツ目昇進

神田あおい
18歳から演劇に携わる
平成14年11月 神田すみれに入門
平成15年11月 初高座
平成20年6月 二ツ目昇進 あやめ改め「あおい」

菊仙
1994年 劇団で舞台の表、裏のノウハウを学ぶ
1997年 日本の伝統芸能をモチーフとした舞台「YUME」に参加。ドイツ、スイス、オーストラリアで公演
2003年 江戸太神楽十三代家元 鏡味小仙に師事。
    日本舞踊 坂東流名取 習得 ☆傘の曲 ☆五階茶碗 ☆曲撥 他 

SAYAKA&パルマ・アバネーラ
2009年7月にデビュー・アルバム「Palma Habanera」、続いて2010年11月にセカンド・アルバム「A Cuba」を発売し好評を博した“SAYAKA y su Palma Habanera”。
世界を旅するヴァイオリニスト“SAYAKA”とセッションを通じて知り合った名だたる ミュージシャン…..
ジャズやブラジル音楽をメインに絶大な評価を受ける大口純一郎 (Pf)、スペインへの留学経験を持つフラメンコ ギタリストの柴田亮太郎、ラテン音楽シーンを中心に 多くのミュージシャンと共演する小泉哲夫(B)、オルケスタ・デ・ラ・ルスの創始者であり世界を股にかけた活動で知られる大儀見元(Per)。
それぞれ異なる音楽性やキャリアを持つ5人によって生み出されるサウンドは、キューバ〜ラテン音楽をベースにしながらも、従来の枠から一歩踏み出してみようという真のミクスチャー感覚に溢れたものだ。
しなやか且つしたたかなアンサンブルも、ライヴセッションを神髄とするバンドの性格を存分に伝えている。
進化し続ける“Palma Habanera”。
世界への旅を目標に、ジャンルの壁を越えた情熱的で楽しいサウンド、ここ日本でしか生まれないオリジナリティーに溢れた音楽を発信し続けている。

05/02/2012

LUVRAW & BTB (Pan Pacific Playa)

from ヨコハマ、Pan PacificPlaya(PPP)所属のツインTALKBOXデュオ。
DJのMr.MELODYと司会のヒューヒューボーイ、たまにギターSTRINGSBURN&ダンサーTANiSHQ等と共に、夜な夜なダンスフロアにメロウな風を吹き込んでは酔い感じにレイドバック。
2010年夏、遂に1stアルバム”ヨコハマ・シティ・ブリーズ”を発表、「聴いたら一発で夏気分」の殿堂入りをさせて頂き、夏(夏以外も含む)はやっぱりチューブでしょ!?というわけで日本全国、国内外、様々な方からお褒めの言葉を頂き嬉しい限りです。
2011年夏の終わりに究極の2NDアルバム”HOTELPACIFICA”を発表、Bounce誌の表紙を飾らせて頂き全国にフェイスを”レットミー・ショー・ユー”、皆様を思い出しエクスタシーへと誘うべく日々散歩中、他にも諸々カミスンです、お楽しみに〜♪
http://www.panpacificplaya.jp/blog/

JINTANA & EMERALDS (Pan Pacific Playa)

横浜発アーバン&メロウ集団PPPことPAN PACIFIC PLAYA所属のスティールギタリスト : JINTANA率いる6人組ネオ・ドゥーワップバンド、JINTANA&EMERALDS。
リーダーのJINTANA、同じくPPP所属、最近ではあらゆる所で引っ張りだこのギタリスト : Kashif a.k.a. STRINGSBURN、媚薬系シンガー : 一十三十一、女優としても活躍するMAMI、黒木メイサなど幅広くダンスミュージックのプロデュースをするカミカオルという3人の歌姫達に加えミキサーにはTRAKS BOYSの半身としても知られる実力派DJ、CRYSTAL。
フィル・スペクターが現代のダンスフロアに降り立ったようなネオ・アシッド・ドゥーワップ・ウォールオブサウンドで、いつしか気分は50年代の西海岸へ…
そこはエメラルド色の海。エメラルド色に輝く街。エメラルドシティに暮らす若者たちの織りなす、ドリーミーでブリージンなひとときをお届けします。
http://www.panpacificplaya.jp/blog/

VIDEOTAPEMUSIC

地方都市のリサイクルショップや閉店したレンタルビデオ屋などで収集したVHS、実家の片隅に忘れられたホームビデオなど、古今東西さまざまなビデオテープをサンプリングして映像と音楽を同時に制作している。
VHSの映像とピアニカを使ってライブをするほか、他アーティストとの映像を使ったコラボレーション、MV制作、デザイン、ビデオインスタレーションなど、その活動のフィールドはとても幅広い。

http://www.geocities.jp/a27m130/vtm.html

0