文字サイズ: | | オリジナル

さあいよいよです!
今月からはキッチリ第4金曜だ!
3月に引き続き、大西ユカリの単身赴任。
せっかくの東京です。江戸です。江戸といえば、エドサリバンショウです。
エドサリバンショウといえば、ナニワサリバンショウです。
ベタな発想やのに、無茶苦茶オシャレでした。
故忌野清志郎先輩は、最後のシークレットゲストに迎えて下さいました。
アメマでした。寛平兄さんも、ずっと笑たはりました。
誰も成し得なかった最強のオムニバスショウでした。
雨上がりの夜空に、『ウッ』って唄いました。
なんか、『タマラン感じ』にクラッとしました。

東京の新世界に来ると、そんな独特な匂いがします。

エドサリバンも、エドサリバンに呼ばれたアーティストも、全部自分でやります。

「大西ユカリ」て、何なんやろう。私もわからん。
毎月第4金曜日です。ミュージシャンなら誰もが欲しいゴキゲンな日を戴きました。
私ってね、得な歌手やねん。ヒット曲も無いのになあ。

ヒットはこないして、東京でちゃんと唄える事やなあ。
皆さんのおかげやね。ありがとうね。
大西ユカリ 辰年48歳 万歳。拝。

 
0